Sitemap

クイックナビゲーション

意識が目の前の経験に戻ったとき、私は少し気をそらすことを自分に許したことに喜びを感じます。私は今でも花崗岩のように硬く、そして今、より多くのものを手に入れる準備ができています。彼らもそうであることが十二分に伝わってきます。エミリーは私のペニスの先端をじっと見つめながら、口元を潤ませているかもしれない。彼女は、ランタンに向かう蛾のように、それに向かって移動します。

彼女がそれを口に含んだ瞬間、私の目は暗闇の中に逆さまになる。彼女の熱い吐息に包まれながら、まだ舌が触れていないことを知る瞬間は、至福に近いものがある。朦朧とした精神と強烈な刺激の中で、意識を保つことに集中し、できるだけ深く息を吸い込み、それを内に閉じ込める。非日常的な快感が押し寄せてくる。それは私の中で脈打ち、言いようのない、しかし否定できない力をもって、私を奮い立たせる。

ザンドラは私の玉を口に含む。エミリーが私をフェラチオしながら、舌で巧みにマッサージしてくれる。喜びの声を上げるしかない、まさにその通りです。

"ファック!"

私の声は、この部屋に隣接する迷路のような廊下や部屋に響き渡る。セラミックタイルからコンクリート、ロッカーの金属、むき出しの配管に至るまで、さまざまな場所で跳ね返されるのだ。きっと、少しでも近くにいる人には聞こえたのでしょう。もしかしたら、ビーチにいる人もいるかもしれませんね。

エミリーの舌が私のペニスの先端を滑り、その頭の敏感な縁を優しく弄る。このままでは私の正気を奪うことになるが、私の知る限り彼女のものだ。まあ、彼らのことですね。稼いでいるのです。これでもか、これでもかと言わんばかりに、私に要求してくるのです。何でもいいから欲しい。もう戦わない・・・無理だ。これは気持ちよすぎる。

体の芯から、手足、背骨、頭皮に、ピリピリとした刺激が伝わってくる。私は燃えています。私は電気を帯びていて、動くたびに強く刺す鋭いピンに囲まれている。逃げようとするのは、流砂にもがくようなもので、避けられないことを加速させるだけだ。

私が爆発しそうになったとき、エミリーは自分のしていることを止め、後ずさりした。最初はザンドラが代わるかと思いきや、私は代わりに彼女の口の中にものすごい量の弾丸を吹き込むことになる。もちろん、それもいいのですが。何が起こっても一瞬で、少しは息継ぎができるようになりました。ザンドラは自分のしていることを続け、私のシャフトをソフトに撫でます。私はもう一段階意識を高めました。頭が少しスッキリして、射精が迫ってこなくなった。

全身を構成しているような灼熱の神経も、自ら鎮静化しているのだ。火の気のない暖かな炎に戻るのです。ザンドラも今、止まってしまい、一瞬、とても残念な気持ちになりました。スイッチまではね。エミリーは私と一緒にテーブルの上に登ってくる。彼女が私のペニスにまたがり始めたのを見ると、ザンドラも彼女に続いて、濡れたアソコを私の顔の真正面に置いてきました。彼女は私の頭の周りに太ももを閉じると、私はエミリーが私の上に自分自身を押しつけるのを感じる。私はしばらく歯を食いしばりながら、彼女が私のペニスを押しつけ、その先端を彼女の入り口に押し通すのを待った。彼女は力強く私の周りを囲む。彼女はとてもきつく、最初は中に入れるのに苦労するほどです。

エミリーは私のペニスを上下に動かし始め、そのたびに私を彼女の中に深く押し込んでいく。気を取り直して、私はザンドラの脚の間で見えないように微笑むと、彼女の美しいアソコに目を向けた。この髪も青いですね。細部にまでこだわるのが好きなんです。面白がって、そして興奮して、私の内なるモノローグはこの細部に疑問を投げかける。「たぶん、それってインジケーター或いは裸で過ごす時間...'

目の前の体験や感覚に戻ることで、自分自身を楽しむことを思い出し、舌の作業に集中することができるのです。ザンドラは私の顔に擦り付けている。この体験、感触、味、音、すべてが素晴らしい。めちゃくちゃ綺麗です。見ていて、感じていて、強烈な快感を覚えます。二人とファックしたい、エミリーの中にずっといたい、そして顔に濡れたマンコがあればそれでいいようだ。

"おお!"エミリーは「ファック、イエス!」と叫びます。あなたのペニスは今とても硬いです"

ザンドラは "ああ... "と声に出して呻き、しばらく間を置いて、"あなたのその舌も悪くないですよ。"と息を切らしながら言うのです。

短い感嘆の声の後、彼らは元の状態に戻り、言葉を捨て、喜びだけを声に出す。私たち3人は、自分たちがされていること、お互いにしていることすべての触覚的な熱狂に没頭しているのです。私たちが作っている不協和音が激しくなるにつれて、何分も過ぎていく。私たちのファックのリズムと、欲望の叫びのメロディーが、この奇妙な構造物の反響の中で、得体の知れない音楽を形成し始めたのだ。エミリーと私は密接にリンクしている。彼女のアソコは私の周りで脈打ち、私のペニスを掴み、私を押し出し、同時に引き込んでいるのだ。

私の舌は一瞬、ザンドラのクリトリスをペロペロと舐めているが、すぐに彼女の濡れた入り口の縁を舐めるように動く。これはすごいことです。スペクタクル。私は、このままでは彼女をイカせてしまうと思い、さらに興奮し、ペニスを硬くしています。

そうだ!続けよう!すごい気持ちいい!」。と叫び、私が今エミリーに言えない気持ちを代弁してくれる。

一瞬、私の論理的な脳は知恵を取り戻し、気が散るにもかかわらず、その権威を取り戻したのです。この瞬間、このシナリオの中で自分が何らかの力を持っていることに気づかないのは-私にとっても-難しいことです。

"しない "です。約束する"しかし、4分の1拍子ほど間を置いてから、「少なくとも、ここがどこかという私の質問に答えてくれるなら」と付け加えました。

"なんだと!"エミリーは恐ろしく混乱した様子で叫ぶ。

"聞こえたでしょ?"

"おい!"私の舌が彼女のクリトリスに触れるのをやめると、ザンドラは叫ぶ。「やめないで!」。

私の声は彼女の脚の間から消されていますが、それでも聞こえます、「私の質問に答えてください。そんなに難しくないよ。"

エミリーは「ううう...」と苛立ったようなため息をつくが、すぐに「いいよ、早く聞いて」と承諾する。

"ビーチ "から入ってきたんだどこに行くんだ?"

"島の外周のほとんどを占めている"ザンドラは低く跪き、私の舌に体を押し付けながら私に答えますが、私は何もしません。

"よし、ここは島だ"進歩だなあ」と言うんです。この建物は何だ?ここは街か、町か?"

"建物は放棄され、我々はここに住んでいるだけだ"私の質問には答えず、ザンドラが急かすように言う。しかし、私の焦点は限られているので、放っておきました。

"街 "は...もっと泥臭い地域だ、後で教えてやる。まず俺たちとファックしろ"

好奇心旺盛な私は、「そうですか......」と答えた。その前に、本土はどこだ?" と言った。

"わからない..."エミリーはそう言って、歯を食いしばりながら呻き、私にすり寄り続ける。彼女は私のペニスでGスポットをくすぐっています。おもちゃのように使われるのも、なんだか楽しい...。ふむ。話がそれましたね。

"さて、今までに誰か島は?"私は悔しさをにじませた声で尋ねる。

エミリーは、反応しない私のペニスにアソコを強くこすりつけながら、こう答えた。"ええ、でも近くに他の島が2つほどあるだけで何も見つからなかったわ"。

"まあ、それか帰って来なかったかだ"とザンドラは言います。

"くそ!"エミリーは悔しそうに叫んだ後、"そう言われると不吉な感じがする... "と言った。

"不吉だ、間抜けだ"ザンドラは友人に言う。

"おいおい、そんなこと言ったっけ?"エミリーは目を輝かせ、一瞬、自分の中にある動きの悪いチンコのことを明らかに忘れてしまう。

"ああ、そうだな"とザンドラは言います。エミリーは私の舌よりも明らかに私のペニスから多くのものを得ているが、彼女は試行錯誤を続けている。

すべてのカテゴリ: 三面体