Sitemap

クイックナビゲーション

大都会に疲れ、自らを男と呼ぶ小市民に嫌気がさした。そんな時、私は車に荷物を積んで南へ向かい、田舎暮らしをすることにしました。私はいつも都会に住んでいて、イライラしたり、ストレスを感じたりしていました。呼吸を整え、リラックスし、自分らしくあることだけが望みでした。

私は、大きな街の灯りがはるか後ろに見えるまで走り続けました。高速道路を数時間走った後、私は降りて田舎道を行くことにした。交通渋滞のストレスから解放されたかったんです。夜も更けてきて、疲れ果ててしまった。モーテルに入り、部屋を探した。部屋の鍵を開けて、ジャガイモの袋のようにベッドに倒れ込んだ。私は安堵のため息をついた。

翌朝、あまりの疲れに気を失っていることに気づき、早く目が覚めました。私はすぐにシャワーに飛び込み、服を着て髪をかき上げ、部屋をチェックアウトして運転に戻った。観光を思う存分楽しみました。夏でドライブに最適な気候であったことも、私にとってはプラスでした。私はいつも夏が好きで、暖かい風と完璧な日焼けをする気候が好きでした。窓を開けて田舎の匂いを楽しみ、もちろん緑の野原と動物しか見えないのでほっとする。ストレスから解放されるのを感じた。

さらに数時間走った後、何か飲み物を買おうと、この小さな田舎の店に立ち寄った。カウンターにいた年配の男性、ジョージさん(少なくとも名札にはそう書かれていた)がとても親切そうだったので、このあたりで借りられる物件はないかと尋ねてみた。彼は優しい笑顔で、数キロ先の農家で部屋を貸していると言った。私はお礼を言って、再び外に出た。

何キロか走ると、貸し出し中の看板が見えたので、ドライブに降りて駐車した。車から降りると、玄関から女性が出てきて、「レキシー」と名乗って挨拶してくれた。私はポーチまで行って、貸し部屋に興味があることを伝えた。ポーチチェアに座って、しばし話し込んだ。私は彼女に自分の話と、いかに自分が変化を必要としているかを話しました。

彼女は私を家の中に連れて行き、案内してくれた。シンプルだけど美しい。彼女は私を空き部屋へ案内し、「借りませんか?私は丁寧に「はい」と答えました。私たちは車まで戻り、バッグを受け取り、彼女が新しい部屋まで運んでくれた。荷解きをして、少しくつろいでから、他の場所を案内するようにと言われた。

彼女が出てくるとき、私はその美しさに目を奪われた。彼女は私より少し年下でした。私が来てから見た人は、彼女だけだった。この敷地には、他に誰が住んでいるのだろうかと、自分でも不思議に思った。

私は荷解きを続け、落ち着きを取り戻した。私の部屋からすぐバスルームがあり、その反対側は別のベッドルームにつながっていたのです。あそこで誰が寝ていたのか、気になりました。1時間ほどしてレキシーが戻ってきて、「残りを見ますか?私は微笑みながら、「はい」と頷いた。私たちは、家の残りの部分を歩きました。

勝手口から庭に出ると、家と同じぐらいの大きさの大きな赤い納屋がありました。納屋の扉が開いていなかったので、中を見ることはできなかった。外を歩いていると、角を曲がったところで馬が見えた。立ち姿が美しい。納屋から大きな音が聞こえてきてびっくりした。レキシーは少し苦笑した。

彼女は小さなドアの前まで歩いて行き、ノックしたが、中には入らなかった。1分後、3人のそれなりに大きな男性が歩み出てきた。彼女が紹介してくれたのです。弟のディーン、ジョン、ブライアンです。みんな笑顔で挨拶してくれた。私は思わず3人を見渡してしまった。みんなハンサムで、農作業に励んでいるのがよくわかる。少し話をして、彼らはドアから納屋に戻ると失礼した。

レキシーと私は家に戻り、ポーチのブランコに座って話をしたり笑ったりした。 まるで何年も前からお互いを知っていたかのように、私たちは仲良くなった。夕食を始めなければならないと述べている。私も一緒に行って、準備を手伝いました。そして、ポーチに向かい、三角形のベルを鳴らした。私は食卓のセッティングを続けた。

数分もしないうちに、お兄さんたちがやってきて、洗い物をしていた。夕食の席に着くと、もう一人の大男がドアから入ってきた。レクシーは飛び上がり、両腕で包み込むように大きなハグをした。彼女は彼を自分の父親だと紹介した。「ロバートです」。私は笑顔で握手をした。彼は体を洗い、私たちと一緒に座った。座って食べながら、話をした。彼は私のことを知りたがっていた。私の話をすると、大都会から来た女の子がこんな田舎に来たがっているのかと、興味深そうに聞いてくれました。

食事を終えて、男たちは納屋へ戻っていった。レキシーと私は残って片付けをしました。何でも話せる人が身近にいるのは嬉しいことでした。とても静かでリラックスできる空間でした。彼女はコーヒーを入れ、僕たちはポーチのブランコに乗った。彼女の農場での生活について話を聞いた。彼女は、私がなぜ脱出したいのか、都会での生活について質問してきました。

外が暗くなってきたので、私は席をはずした。熱いシャワーを浴びて、ベッドでくつろぎたかっただけなんです。私はローブとタオルを集めました。シャワーを浴びると、お湯が体に流れ落ちるのがとても心地よく感じられました。何時間もそこにいたような気がします。私はタオルを取ろうと足を踏み出しました。玄関にタオルを持って立っている3人のうち最年少のブライアンを見て、私はびっくりした。私はそれを手に取り、素早く体に巻き付けました。

彼は少し立って私を見てから、寝室へ消えていった。体を乾かし、ローブを着て、髪を乾かした。私は自分の部屋に入って横になろうかと思った。少しは楽しいかもしれない、と思った。私はブライアンの家の玄関に行き、そこに立って彼が私に気づくのを待っていました。

彼は微笑みながら、私の方へ歩いてきた。私は迷わずローブの紐を解き、ローブを広げた。彼は両手を伸ばし、私の腰から胸へと滑らせた。愛撫し、優しく揉みしだく。私はバスルームの入り口から外に出て、彼をベッドまで連れて行った。私は心配しながらも、彼のズボンとパンツを脱がせ、座るように促した。私は彼の硬いシャフトを手に取ると、膝から崩れ落ちた。私は先端を舐め、舌でずっと彼を味わうようにしました。私は彼の硬いペニスを口に導きながら、ゆっくりと舐め返した。私はそっと吸い、舌でからめ取りました。私は小さく呻きながら、彼のシャフトをハムハムと鳴らしました。

彼は私の髪を両手で包み込み、私の口をさらに彼に近づけました。彼が私の喉にさらに押し込むと、私は彼のすべてを感じることができました。ガクガクブルブルと引くようになりました。彼は私の頭を抱え、ペニスを奥まで押し込んだ。私の目には涙が浮かんでいた。唾液が顔に垂れる。彼の推力はより速く、より激しくなった。最後にもう一度、私の喉の奥に押し込むと、彼の体が緊張しているのがわかった。彼のオーガズムが噴出し、私はその一滴一滴を飲み込もうとしました。

彼は私の髪を離し、私は立ち上がりました。笑顔で彼の頬にキスをし、自分の部屋へと戻っていった。ベッドに落ち着くと、ぐっすりと眠れました。翌朝、私は服を着て、コーヒーを飲みにキッチンへ行きました。周りに誰もいなかったんです。私はコーヒーを注ぎ、ベランダに出た。しばらく座っていると、ポーチから降りて、裏の納屋のそばを歩いた。

好奇心に駆られた私は、ドアの前まで行き、ドアを開け始めた。ディーンが私の肩を掴んだので、私は驚きました。

すべてのカテゴリ: グループセックス