Sitemap

クイックナビゲーション

夢の神モーフィアスは、私たちを夢の繭で包んでくれました。しかし、その際、トイレを入れるのを忘れていたのです。私は、聖書のような大洪水を抑えようと膀胱が震え、4つのアラームで「緊急に行かなければならない」瞬間で目が覚めた。若いころのように、ゆっくり目覚められたら最高ですね。以前は、眠りから目覚めへの移行が楽しくて仕方がなかった。そんなことはない。今、私の朝のToDoリストのトップには、個人的な水回りの問題が入っています。

私はうめきながらアリスから離れ、その場しのぎの枕として使っていた服の山の下に手を回した。指が懐中電灯を見つけたとき、私はほっと息をついた。しかし、そのLEDの光はホタル程度の明るさしかなく、ため息が出るほどでした。

くそっ!寝る前に消し忘れました。私は、本能的な反応で、懐中電灯を振って、眠っている電子を呼び起こすことにした。私は、自分のライトが裏切り者になっていないか調べた。中国製の懐中電灯は、25時間の電池寿命が保証されていた。まさか数時間寝ただけで充電が枯渇するはずはない。糞輸入品。私の小さなライトはほとんど役に立たなかった。カミナリムシが何匹もいれば、もっと明るくなっただろうに。

寝袋から体を出すのは、本当に大変な作業だった。硬直した筋肉が動くたびに抵抗し、背中が痛くてたまらない。エアマットレスを持っていないことの報い。テントの中は、「寒すぎる」という表現がぴったりの、さわやかな雰囲気だった。

まず最初に、私は全裸で我が家の鍋(通称:チャンバーポット)の前を這った。ふざけるな!その場しのぎのトイレをわざわざ掃除するのも面倒だし、後で雪を溶かして飲み水を補給しなければならないからだ。テントの扉で、私は膝をついた。ある花嫁が、有名なアドバイス・コラムニストにこう尋ねたことがあります。「私の夫は、裏庭でどうしても小便をしたいのです。なぜ、そんなことをするのでしょうか?

彼女の答えは、"Because he can"(彼はできるから)という伝説的なものになった。

私はしゃがんで前に進み、手に持った水道管で、洞窟の乾いた埃っぽい地面に、100年以上ぶりの湿り気を帯びた黄色い雨を降らせたのである。

タバコに火をつけ、右手でチ○コを持ちながら、腕時計に目をやった。時刻は朝の11時半を数分過ぎたあたりで光った。え?

3時間弱も寝ていたのだろうか。不思議に思いながら、眠っている腕時計を調べてみると、文字盤の表面にある小さな四角の中に明日の日付があることに気づいた。(・∀・)イイネ!私たちは、24時間体制で外出し続けました。

"楽しい時間はあっという間"パウダードライの土に灌水しながら、私は震え、独り言をつぶやいた。老廃物を排出すると、鳥肌が立ち、裸で行進しているような煩わしさがあった。

その昔、私たちの体毛の根元にある小さな凹凸は、進化上の目的を持っていました。寒さをしのぐために、毛皮をふわふわにするのを手伝ってくれました。私たちが脅威にさらされたとき、同じ毛羽立ちメカニズムによって体毛が盛り上がり、私たちの祖先は即席のチアペットに変身し、潜在的な敵や空腹の肉食動物から少し大きく見えるようになったのです。それは昔で、今は今です。

それ以来、私たちは毛皮をほとんど失い、その凸凹はもはや私たちを暖かく、ふわふわに保ってはくれなくなったのです。その代わり、鵞口瘡(がこうそう)が何十個もできて、まるで使い古した紙やすりのような肌になってしまうのです。神様にユーモアのセンスがないなんて、誰が言ったの?

私は、ペニスの先から最後の一滴を振り落とし、考えをまとめました。

少なくとも、私にはひとつだけ、事態が好転する可能性がありました。裸で一日を始め、真っ黒なガラガラヘビの巣穴で小便をしながらお尻を凍らせると、上以外に行くところがないのです。そうだろ?

すべてのカテゴリ: ファンタジーとSF