Sitemap

クイックナビゲーション

アリスの優しい手つきに、私は眠りから引きずり出された。

「デニス、起こして悪いけど、小便の味がするほどしたいんだ。助けてほしいの」と言いながら、彼女は私を座らせてくれました。暖かくて居心地の良いテントが、アイスボックスになってしまったのだ。

"冗談だろう?" "いつから小便の世話になったんだ?"

枕元に置いてあったライトを取り出し、点けた。目の前には、裸のアリスがうずくまり、口から息を煙のように流し、乳首を冷たい空気の中で小石のように固めていた。

"あなたの助けが必要です暗闇の中、一人で外に出たくない。あのクソヘビ共と一緒にしないでくれ"アリスは震えながら言った。

"それなら外に出ないで、お釜を使いなさい"腕時計に目をやると、6時間ほど眠っていて、日の出までまだ1時間ある。

"チャンバーポットがない"アリスはテントの中身を確認するように目を走らせた。

"ああ、だめだ!と言いながら、ステンレス製の鍋を指差すと、彼女は目を見開いて驚きました。

"選択肢は3つ" "鍋に小便するか" "パンツに小便するか" "パイソンに小便するか "だ彼女のジレンマが面白くないことは分かっていたが、私は笑いをこらえることができなかった。

懐中電灯で照らしながら、彼女が即席のトイレにまたがり、しゃがんでいるのを見た。アリスが清々しいほどの雄叫びをあげた!?その時、彼女のお尻は氷のように冷たいステンレスの縁に触れていた。

"しゃがめ、座るな" "凍えるような思いをしたくなければ" "しゃがめ、座るな"私は同情の笑いを漏らした。

アリスは顔を出し、舌を出し、身をかがめ、小さく呻きながらスプリンクラーシステムを始動させた。

私は凍てつくような空気の中で服を着ようと奮闘した。陰嚢が、家族の宝石をぴったりと温めようと、すべてを自分の中に引き込もうとする。冷えた空気に反応して、アリスの乳首が冷たくなって硬くなるのと同じように、私のタマタマも本能的に反応していたのだ。彼女の体は、乳の出口への血液供給を増やすことで、双子の姉妹が凍傷にならないように守ろうとしたのだ。

そのため、夏になるとスーパーの冷凍食品売り場に行くのが楽しみだった。人間は、できるだけ長くセクシーで生産的であり続けたいと願うようにできている。そうでなければ、どうやって氷河期を生き抜くことができたのでしょうか?少なくとも、私はそう考えていました。

好奇心を刺激されるものに出会うと、"なぜ、こうなのか?"といった仮説を立てることがよくありました。

自分の推測が正しいかどうか、わざわざGoogleやBingを使って調べたことはない。もしそうだったら?素晴らしい。しかし、もし彼らが間違っていたら、それは私が人生を取り戻し、賢いふりをするために時間を浪費するのをやめなければならない証拠になるでしょう。正直なところ、自分がデタラメを考えて脳細胞を使っているのかどうか、確かめたいとは思いませんでした。

私は眠たいので、アリスに用事を任せて、服を取り、着替えて、トンネルの入り口へ向かいました。私は、いろいろと調べて、熱いお茶を飲むための燃料を調達したかったのです。自分へのメモ。カフェインが欲しい。将来のサバイバル・キットには、インスタント・コーヒーが含まれていることを確認してください。

トンネルの入り口は他の洞窟より広く深く、岩の天井に頭をぶつけることなく直立できるのが救いだった。洞窟の中の空気はほとんど凍っているのに、入り口の温度は極寒である。松明の明かりに照らされて、苗木の根元に閉じ込められた雪がきらきらと輝いている。嵐は、私たちの石造りの避難所を見事に風雨から守ってくれた。

ホワイエの空気は死のように静まり返っていた。私は、小さな苗木の根元をつかんで手前に引き寄せ、空気の通り道を作ろうと押し出した。あまり力を入れずに、木を内側に引きずり込むことができました。しかし、無理に外側に出そうとすると、力いっぱい押しても全然進まないのです。

まるで、砂丘に枕を押し込もうとしているような感じだ。別の苗木を試してみました。2節目、1節目と同じ。

私はそれぞれの苗木の根元を押してみた。誰一人動かなかった。シールドは空気のない牢獄と化していた。短期的に酸素が足りなくなるようなことはないだろう。本当の脅威は、炭酸ガスに侵されることだったのです。CO2は1%程度の濃度で軽度の毒性を持つようになる。いずれ洞窟の中の空気が悪くなり、酸素がなくなる前に炭酸ガス中毒で死んでしまうのだ。外への空気の通り道を確保する必要があったのです。プロント!

"アリス、手を貸してくれないか?" "空気の供給がうまくいかないようなんだ"私は洞窟の壁に寄りかかり、足を使って別の小さな木を動かそうとした。Zilch, Zero.ナダ。コンクリートで固められたパーキングメーターのようなものです。

入り口の岩壁に寄りかかり、私は息を整えた。私の予想では?私たちの苗木の盾は、母なる雪の塊の下に埋もれていた。

第16章

トンネルの入り口を塞いでいる暗い雪の壁が、懐中電灯の動く光を受けてキラキラと輝いている。アリスは一瞬、額の汗を拭うように立ち止まった。1時間近くも堤防を掘っていたのに、ほとんど何もなかった。

"休憩の時間だ"アリスはトンネルの岩壁に背中をもたせかけ、ブロンドの髪を何本か目から押し出しながら、荒い表面に頭を預けた。

"日の出頃のはずです"私は腕時計に目をやり、雪に目をやり、外からの光の気配を探した。ほのかに光っていれば、雪庇が薄くなりそうな場所を教えてくれるはずです。光のきらめきも入らない。

私はアリスの横の壁に寄りかかり、深呼吸をし、また深呼吸をした。腕が眠りに落ちるときと同じ感覚で、指先がピリピリした。

すべてのカテゴリ: ファンタジーとSF