Sitemap

クイックナビゲーション

ナタリーとの出会いは、素晴らしいセックスに満ちた週末に、ついに私の処女を奪うことになる女性だった。

何人かの女の子とデートをしてみたが、大したことはなかった。今にして思えば、私の問題は、彼女たちとファックするのではなく、彼女たちとデートし、恋に落ちようとしたことだ。

アニーは楽しかったけど、友達として遊びに行くだけでも、なかなか一緒になれないんです。夏休みに話し始めた人が一回泊まって、少しふざけて服を着たままドライハンプをしたら、彼女がイッてしまって、私も彼女の耳を噛みそうになるほど激しくイッてしまいました。

楽しいケミストリーはありましたが、2回目やお付き合いに関しては何も起こりませんでした。また、私の友人だった女の子は、私の処女を奪うつもりでしたが、結局彼女の友人と付き合うことになり、婚約しました。ムラムラして壁を這いずり回っていたのが、ナタリーで変わったんです。

正直なところ、性的なことは頭になかったし、ただ誰かと知り合って、少しいちゃつくだけだった。笑顔がキュートで、赤褐色のロングヘア。彼氏までいたことが判明。

ネットで知り合ったんです。私たちがもっといちゃつくようになったころには、彼女のボーイフレンドは、あらゆる方法でメールを介して彼女を振っていました。軽いイチャイチャから激しいイチャイチャになり、最終的には私が童貞であることが彼女にバレ、その後、会うかもしれない、私の小さな問題を彼女が助けてくれるかもしれない、という話になりました。

オンラインで、特にこのような比較的短い時間で、自分のことをどれだけ他の人に打ち明けることができるかは、驚くべきことです。

主に、日常生活の話や、友人らしく困ったことを助け合ったりしていました。女の子と仲良くなることは問題なかったが、付き合うとなると、それはそれで大変だ。パンツの中に入るのは不可能だった。

私たちはお互いに45.5マイルほど離れたところに住んでいるのですが、水辺などの地理的条件により、実際には車で4時間ほどの距離に住んでいることが、会話を通じてすぐにわかりました。くそったれ、地理学め!小学生の時に邪魔をしたくせに、今度はヤルのを邪魔するのか!?あのガラクタの車では、そんな旅はできない。

性的な経験や体位についてのアイデアをよく話したものです。何度かサイバーセックスをしたし、テレフォンセックスもした。電話越しにクリトリスを指で触りながら息が荒くなり、絶頂に達するのを聞いて、自分の手でこれほど激しくイッたことはない。平凡な写真もあれば、セクシーな写真も共有しました。

痩せてはいなかったが、肥満というわけでもなく、体重は私と同じ180キロくらいだろうか。素敵な豊満なおっぱい、時々剃られたオマンコ、そうでない時もある。なぜか、この子はネットで知り合ったどの子とも、そうでない子とも違っていた。彼女の方が性経験が豊富にもかかわらず、私は緊張も威圧感もありませんでした。

8月末には、実家を出て、大学に戻っていた。ある日、彼女は保健所に行き、ピルを処方してもらう予定だと言った。

事態は好転した。ナタリーは、私が処女であることを理由に(私を楽しませたいという気持ちを除けば)あまり心配していませんでしたし、他の男性とは何度かセックスしたことがあるものの、コンドームなしで男性に中出しされたことはなく、とにかく私がずっと初体験でやりたいと思っていたことでした。気がつけば、彼女はピルを飲んでいた。彼女は私のリクエストで検査を受け、お互いの予想通り陰性だったので、本番に臨みました。

私が訪問できたのは、11月になってからでした。私は新しい(少なくとも私にとっては)車を手に入れ、より自由になり、彼女は学校に戻り、より自由になり、そしてどうやら他の二人の男が彼女のベッドポストに刻み込んだようです。私は、彼女がボーイフレンドやフィアンセ、あるいは私の運で性欲を満たすことになる前に、この女の子を手に入れなければならないと思った。私は金曜日の半休を利用して、長期休暇を利用してナタリーを訪ねました。彼女のルームメイトはいつも彼氏のところにいるので、プライベートな時間を過ごすことができると思ったからです。

仕事を早く切り上げて家に帰り、長距離ドライブの前に荷造りをすることができました。

ようやくたどり着いた私は、大学に車を停めて彼女に電話したのを覚えている。彼女は私を寮に案内し、外に立って待っていた。髪はおさげで、グレーのミニスカートに薄手のセーターの上着を着ている。近くに車を停めて、彼女と再び合流した。

学内に食べ物を買いに行き、話をしながら、しばらく期待と好奇心でお互いを見つめ合っていました。彼女は、1時間後に何人かの人がやっている小さなダンスパーティに行きたいと言っていたのを思い出した。

寮の建物に入り、私は彼女の部屋までついて行きました。ドアが閉まると、私はスーツケースを置いて、ナタリーのところに行き、彼女を抱きしめた。私はできるだけ優しくキスをし、唇を合わせると彼女の頬を撫でた。

彼女がベッドに乗り込むと、横向きに寝たので、私も一緒になってなだめました。私たちは数分間いちゃいちゃしていたが、だんだん落ち着かなくなり、彼女のお腹に手をやり、素肌に触れた。その場の勢いで、私は彼女の上半身をずり上げ、仰向けに寝かせた。

彼女の脚の間に身を置き、私は身を乗り出して、舌で乳首をいじわるに舐めた。彼女は目を閉じたまま、私は続けて最初は少し、次にもみほぐし、吸い始めた。私の手は彼女の脇腹と腹にあり、空いた手でもう片方の乳房を優しく揉みました。私は彼女の胸を舐め、お腹にキスの跡を残しながら下へと向かっていき、彼女たちは私の肩をさすっていました。

へそに舌を入れると、彼女は反射的に私の肩に爪を立てました。私は彼女の腹部を下げ続け、スカートをたくし上げ、彼女の美しい滑らかな乳房と陰唇を露出させました。

私は強い、しかし酔わせるようなマンコの香りを吸い込み、むき出しの内股に沿って彼女にキスをした。私は彼女の足の内側に沿って舐め上げ、滑らかな皮膚を吸った。

ナタリーの手は私の肩から後頭部へ、私を彼女の裸のアソコに引き寄せるようにした。私はもう一度息を吸い込むと、彼女の唇にそっとキスをし、片方を口に含み、もう片方も口に含みました。私は彼女のアソコとクリトリスを上下に舐め回した後、舌でクリトリスを一周させました。彼女は腰を振り、私の頭を彼女のクリトリスに引き寄せた。

唇で挟んで、ペロペロしながら吸いました。聞こえるのはうめき声と、髪を引っ張られる感触だけだった。私は舌を彼女のアソコに滑り込ませ、穴の入り口で舌をくねらせ、それから指を中に入れました。私はこれまで2人の女の子にしか指を入れたことがなかったのですが、そのうちの1人はとてもきつかったのに、ナタリーのアソコは私が残りの部分をスライドさせると、貪欲に私の指を掴みました。

彼女のアソコはおいしい汁でぬるぬるになり、私の舌は疲れてきた。私は2本目の指を入れ、彼女を広げようとし、力を込めて指を丸めた。彼女が泣き出すと、うめき声が大きくなった。

"そうだ...続けよう!"

私は彼女のクリトリスをより強く舐め始め、彼女のGスポットを掘るために指をより速く突き刺した。

彼女はイキ始め、脚を震わせ、腰を抑えきれずに腰を振り、アソコは私の指からミルクを搾り出していました。彼女が私のペニスを握りしめていたらと思うと、それは後の祭りである。

彼女はハイな状態から降りてきて、私の手に手を伸ばし、それを引き上げて、私の指から彼女のジュースを吸いました。

"熱いな"私は彼女の唇から指を滑らせながら言った。

彼女はゆったりとした溜息をつき、時計を見た。

"ダンスに行かないと" "友達にも言ったんだ"彼女は私の目にわずかな失望を見た。「でも心配しないで、今夜はあなたの番よ」彼女は再び私の指を吸いながらそう言い、私のコックを痙攣させた。

私たちはダンスに行きましたが、そのことを話すと退屈してしまうので、私はほとんどそこに座って、彼女が楽しんで、行った友人たちと踊るのを眺めていました。一緒に踊ったりもしましたが、私はいつも壁の花、人間観察をしているようなものでした。ダンスフロアで抱き合い、彼女の髪や首筋の匂いを嗅ぎながら。私の腰を彼女に押し付け、さっきの彼女の背中をいじっている。

ダンスから帰ってきた私たちは、秋の涼しい空気の中、手をつないで彼女の寮まで歩いた。ちょっと遠かったので、時間がかかりました。私たちは、彼女の友人について、そして何人かは私の友人と似ていること、彼女がキャンパスと学校に再び戻ったことをいかに気に入っているかを話しました。

彼女の部屋に戻って、唯一思いついたのは、テレビに何か映して、どうなるか見ることだった。とか、「結局、ヤレるのか?

"何が見たい?"と聞かれた。

彼女が髪を下ろしている間に、プレビューチャンネルを見たんだ。"ダイ・ハード" "シュレック"?

彼女は立ち止まり、戸惑いながらも信じられないほど真剣な声でこう答えた。

"シュレックに童貞を奪われたいのか "と。

"まあ、文字通りではないのですが"と答えました。

彼女は私をベッドに誘導し、私はそこに座った。ベルトを外し、ズボンを脱がせ、下着越しに私の硬いものを揉み始めると、彼女の唇が私の唇にそっと触れました。ドレスの上からおっぱいを揉み始めると、下着を引き下ろしながら「私に奪われた方がいいんじゃない」とそっと囁かれました。"写真よりずっと素敵なおチンチンね"

この時点でドキドキして、先端から滲み出るような精液が出ていた。"ちょっと興奮してる人がいるわね "と彼女は笑顔で言いながら、それを優しく撫で、私の頭をより露出させました。

彼女はドレスをずり下ろし、裸で私の前に出てきた。彼女のキスは短く、いたずらっぽく、舌を小さく動かして、私を解放へと向かわせた。私たちは数分間、両手で私たちの体を探りながら、キスの合間に媚びるように微笑み続けました。

彼女はさらにベッドに潜り込み、私の脚の間に入ってきた。彼女の髪は自由で、私の太ももを横切って垂れ下がり、私の胸まで伸びてきた。私は目を閉じた。これから何が起こるか、よくわかった。

柔らかい唇が私の胸にキスするのを感じ、乳首に跡を残し、舌でそれを囲み、口に含み始めたのです。他の女の子に乳首を弄られたことは、本当にないんです。彼女の手は私の脇腹を通り、私の体の下の方にキスをしています。彼女の熱い息が私のお腹にかかるのを感じ、期待に胸を膨らませながら、官能的にお腹を舐め始めたのを覚えています。私のペニスは、私の股間に自由に垂れ下がった彼女の乳房にぶつかり始めていた。今まで感じたことのない彼女の体の柔らかさが、私の最も柔らかい敏感な部分を愛撫していたのだ。

彼女は私の太ももを少しづつ舐めるようにしながら、まだ痛む私のペニスを手で掴み、優しく撫でながら、さらに下へと向かっていきました。彼女の舌の冷たい感触は、私の金玉に電撃を与えた。彼女は私のシャフトを扱きながら、ゆっくりと一本を口に含んで優しく吸い始めた。彼女は私の包皮の感触に慣れてきたのか、露出した私の漏れる頭に指先を滑らせていた。

彼女はそれを下に滑らせ、私のシャフトを舐め始め、そして下に戻しました。私は、彼女が私に与えている快楽を間違いなく知っているであろう、私を見上げる彼女の濃い目のラインから目を離すことができなかった。彼女は私の頭に移動して、私にキスしたのと同じような弾き方で私をからかい、私は彼女の赤褐色の髪に指を通しました。

私の頭を包む唇がゆっくりと離れていく、あの愛らしい(そしてかろうじて)なじみのある感覚が私を襲い、私は目を閉じた。その瞬間を逃すつもりはなかった。彼女のゆっくりとした揺れが大きくなり、私の袋を引っ張りながら吸うようになりました。喘ぎながら軽く腰を突き、耳を擦るようになりました。

すべてのカテゴリ: 初回