Sitemap

クイックナビゲーション

27歳になったリサの人生には、厳しいシナリオが待っていた。多くの友人が結婚し始めたが、彼女はまだ長期的な交際には興味がなかった。大学時代、スポーツ選手だった彼女は、マイアミに就職し、南部の白人女性という経歴にもかかわらず、そのルックスからすぐに馴染むことができた。リサは黒髪で、軽く日焼けをしていて、ウエストは細く、身長は170センチとミーガン・フォックスにそっくりだった。リサが働いていた仕事はマーケティングの仕事でしたが、元々大学で競技志向の強い選手だったこともあり、もう一度スポーツをやりたいと考えていました。

もともと闘争心の強いリサは、MMAのクラスに申し込んで、毎週土曜日にジムに通って汗を流していた。体育館は男女混合で、男女別に分かれていました。女性陣の中では、リサはいじめっ子で、日頃からトラッシュトークで相手をこき下ろしていた。さらに悪いことに、リサもスパーリングの各試合で連戦連勝だった。

リサは、前回の試合でKO勝ちした汗だくの赤毛に「まだ傷があるわね」と言った。

「さあ、赤毛、何を怖がっているの」リサは赤毛に近づいた。

「と、ジェニファー・ロペスそっくりのラテン系女性、マリアが言った。

"おっと先輩、余計なお世話だ "とリサは答えた。

マリアは、「この女はスペイン語なんか全然できないくせに、こんな田舎者みたいな格好でジムに入ってきやがって」と言い、みんなを笑わせた。

「とリサが言うと、体育館は息を呑むような静けさに包まれた。

「よし、じゃあ、戦おう」とマリアが言った。

マリアはリサと同じ身長だが、体重は同じぐらいでよりがっしりとした体格をしていた。2人は口論から1週間後に試合をすることで合意していたが、リサは何もせず、すでにかなりの連勝中だった。

そのまま時間が経ち、リサはマリアと戦うためにグローブを用意していた。パンティと見紛うばかりの短い黒のタイトなトランクスと白いタンクトップを着たリサの前に、ピンクのタンクトップとリサと同じくらい短い白いトランクスを着たマリアが現れたのだ。二人とも腹筋が見えるほど引き締まった体格で、乱闘の準備に余念がないのが刺激的な眺めだった。男性陣も含め、体育館全体が見入っていた。

「タッチグローブ、常に自分の身を守るように」とレフェリー。

両者ともコーナーに戻り、リング中央で打ち合うと、リサが蹴りとパンチを繰り出すが、いずれも当たらない。リサにとって、キックとパンチで相手をノックアウトすること、これが彼女の強みであり、対戦相手にとっては悪夢となった。マリアはリサを見定め、戦いが始まって1分もすると、それが顕著に現れてきた。

試合は残酷な4ラウンドに及び、マリアの天才ぶりが発揮された。戦いの間、マリアが危険だと思ったことは一度もない。マリアはリサを倒し、懲罰的な打撃を与えながら、リサに立ち上がるためのエネルギーをすべて使わせようとしていた。開始早々、マリアはリサの膝やボディに痛烈な打撃を浴びせ、リサの爆発的な動きを大きく封じ込めた。3ラウンド目、リサは簡単にテイクダウンされ、今度は顔や体への当たりが強くなり、ラウンド中ずっと防御に追われることになった。

リサはかろうじて3ラウンドを切り抜け、疲れ切って腰を掴みながらコーナーへ歩いていった。2人とも汗だくで、4ラウンドが始まると、マリアは元気いっぱい、リサは立っているのがやっとという状態だった。マリアのダメージのせいで、リサの足は痙攣しており、動作は苦しそうだった。ジャブの後、マリアはリサをテイクダウンし、罰として腕十字にすると、リサは痛みに泣き、タップした。

「ファイトオーバー、マリアの勝ち!」レフェリーが叫んだ。

「残酷だった」と、ある女性ファイターが言った。

"かわいそうに "とホルヘは笑って言った。

ホルヘは、ジムで最強のファイターといわれた筋肉質の男で、身長180センチ、アーロン・ヘルナンデスそっくりの体型だった。タトゥーだらけの筋肉質な体型に加え、彫りの深い顔立ちで、マリアと何度かヤッたこともあり、女性ファイターにはかなりモテたようだ。ジムでのホルヘのあだ名は「ブル」だった。幸せそうなマリアが出てくると、そこに立っていたホルヘは、マリアが自分に飛びついてきてキスをしているのを見て、微笑んだ。

"パピ、ね "とマリアは笑いながら言った。

リサはひどく殴られて横たわり、その体は強い痛みとともに汗と痣にまみれていた。体育館では、リサが殴られたことを笑う男たちがいる中、マリアを祝福するために、ほとんどの男たちが去っていった。10分もすると、リサはぐったりし始め、少しフラフラになりながらロッカールームに向かいました。

意識が朦朧とする中、リサは方向感覚を失い、気づかないうちに男子更衣室へと向かっていた。ロッカールームには誰もいなかったので、彼女はシャワーに向かったが、浴びずに、その数分間、自分が受けた打撃の意味を考えていた。時間が経つと、ジョルジェが現れた。膝につきそうなほどの巨根と彼に衝撃を受け、彼女は目を見開いた。

"うわっ、なんだこれは!"とリサが叫んだ。

"Yo mami, you are in the men's locker room!" とJorgeは笑いながら言った。

「変態じゃないわよ!」リサは叫んだ。

「マリアは俺が育てたんだ」とジョルジュ。

"ここは男子更衣室ではありません "とリサは言った。

「と、ホルヘが聞いた。

"ファック "とリサが言った。

「負けたけど、よく頑張ったよ。あまり調子に乗りすぎると、マリアに見破られてしまうからね」とホルヘ。

「リサがそう言うと、ジョルジェは裸の女性を見てペニスを撫でた。

「テイクダウンのディフェンスを鍛えなきゃだめだよ、今まで鍛えたことある?"とホルヘが笑いながら聞いてきた。

「何、教えてくれるの?」とリサが激しい表情で聞いてきた。

「と言って、ジョルジェは彼女をつかまえました。

「と、ホルヘは筋肉質な腕を彼女に回して、興奮した彼女の身体を奮い立たせた。

「この話はやめて、なぜあなたが牛と呼ばれるのかに話を移そうか」と疲れた顔でリサが言った。

汗ばんだブルネットを肩に乗せ、「とても柔らかい」とホルヘは言った。ジョルジェの言うとおり、彼女は、彼がいつもファックしているラテン系の女性たちと比べると、とても柔らかい肌と柔らかい体を持っていた。

彼は彼女のアソコの匂いを嗅ぐと、彼の舌と顔がヴァギナに接触することで興奮した彼女の頭が後ろに飛び、汗だくの女性を食べ始めた。彼女は、頭を激しく振って、彼女を食べながら、しかも空中に高く持ち上げる男に慣れていないのだ。その興奮で、彼女はラテン音楽に合わせて踊るように下半身を揺らしながら、彼に食べ尽くされ続けた。彼女は、彼女が落ちないように、空中で高く保ちながら、その手腕に感嘆していた。

喘ぎ声を出すと興奮が高まり、まるで憑依されて悪魔払いを受けているかのように体が激しく動いた。激しい動きの後、バランスを崩して床に這いつくばり、体を痙攣させながら刺激的な深呼吸をした。彼女は自分のアソコに指を入れ、彼の舌が時折吸い付くように激しく叩いているため、彼の口からアソコを離すためにできることは何でもしたかった。万策尽きた彼女は、自分の脚と下半身を激しく振動させながら、情け容赦なく彼の脚を叩いた。

すべてのカテゴリ: ハードコア