Sitemap

クイックナビゲーション

自分の顔と同じように、あなたの顔の形も知っていました。
しかし、本当の接触は、皮膚よりも深く私たちをマークします。
肉体を超え、蒸気を超え、エーテルへ。
後戻りできないことを実感
を、世界の美しい軸に
その不自由な慣性の中に吊り下げられている。 輝く海のような瞳に引き寄せられたら。
神秘的な暗闇の中で光るテトラたち。
そのきらびやかな表層の下にある、謎めいた広大な深淵。
永遠に包まれるような、憧れの場所。
でも、どうやって手を伸ばせばいいのかわからない。 人体を超えて愛が形成される場所。
詳細なエコーが残っているとき。
私の中に残っている断絶された閃光の痕跡...。 その夜、私たちは一時的な虹を眺めた。
夏の澄み切った夜空に、鮮やかな爆発を起こす。
あなたの肌は、触るとボルテージが上がる。
私はそのことと、あなたの唇を押さえることだけを覚えている
明るさが広がる中、私にぴったりと寄り添っている。 後でいろいろと思い出すから。
妖星に引き寄せられるように
あなたの手を美しい綱として絡ませる。
果てしなく続くヒスノイズのような潮騒が、手を伸ばせば届きそうだ。 あなたのベッドの避難所も覚えていますよ。
あまりの至福の時間に、ほころびが出たままです。
背骨のカーブが近くにある。
あなたの温かいシルエットに見入ってしまいました。
そばかすだらけの肌。
カーテンの隙間からほのかな月明かりが差し込む。 ロックは少し羽毛のようなカールを残しています。
私の手に絡みついているものから
黒糸
ジャスミンなどの花の香り
あなたが嵐になって私の上にまたがっていたとき。
味気ない
が、あなたのように具体的なエッセンスを記憶しているのです。 自分の形と同じように、あなたの形も知っていました。
窓の外を見つめる残像
夜明け前の暗い動かない街へ。
あなたの名前を口にする前に、蒸発してしまう。
骨髄と細胞に刻まれたもの。
呼吸と夢への糸。 消費されることに憧れることができた場所
にもかかわらず、その地図を所有することはない。
人体を超えて形成される愛。
肉体を超え、エーテルを超える。 あなたが詳細な幽霊のままであるところ。
私の中に残された毅然とした痕跡。
すべてのカテゴリ: 恋歌