Sitemap

クイックナビゲーション

無言で。
私は座り、一筋の陽光を見つめる
窓のブラインドの隙間から無理やり侵入してきたんです。
光りを遮断するためのブラインド。
輝きを逃さないための工夫。
しかし、貫通する方法を見つけることができます。
カスケード・ダウン
フローリングの床の波紋に影を刻む。
それは私を奮い立たせたい
私の目を開き、私の魂に生命を吹き込むために。 梁に指を通す。
肌がヒヤッとする
温もりが私を包み込む。
その瞬間に私を抱きしめる。
小さな光り輝く塵のようなもの
空気のない部屋で凍っている。
あなたの思い出の中で無重力になる
初めてあなたの笑顔を見たときのことを思い出して
それは私が言ったことでした
ありふれたことだけど、それでもあなたは微笑んだ。
そして、炎を感じた。
まるで、すべての神経が同時に点灯したかのように。 あの熱を永遠に燃やしたかった
しかし、それは色あせ、私はあなたを失ったことを覚えています。
それも、私が言ったことなのですが...。
たぶん、私がしたこと
何か失敗したのかもしれない。
おかしいな、こんなに楽なのに
その火傷の痛みは、まだ残っている。 無言のまま、座り込んで太陽の光を見つめる。
窓のブラインドを突き破って侵入してくる。
私の魂に生命を吹き込みたい
影に隠れている女性を暴くために
鏡を見るのが怖い女。
映り込んで見えないものに怯える。
永遠の記憶に惑わされる
高いところと低いところの 憧れだよ ...
またあなたの腕に包まれるために
私を抱きしめて、あの瞬間に戻してくれること
火傷が痛みではなく、愛であったとき。
あなたが鏡の中の私のエコーであったとき
すべてのカテゴリ: 恋歌