Sitemap

クイックナビゲーション

"話そうとしないで、ダーリン"

私は呆然と母を見つめ、その言葉とは裏腹に、口を開こうとした。

しかし、何もうまくいかない。私の口は頭脳に従うことを拒んだ。ママは明らかに私の目の中の苦悩を見て、私の手をとろうと手を伸ばした。

「じっとしてるのよ、ジョニー」彼女はそう言ったが、その声は破裂しそうだった。"顎が折れている、ワイヤーで固定されている"

首が痛くなり、肩まで痛くなり、字を書くような仕草をすると、彼女は鉛筆とメモ帳を渡してくれました。

"ママ、大丈夫?"と書いた。

彼女は私の言いたいことを察し、腕を見せてくれたが、新規参入のサインはなかったので、"ごめんなさい "と言い添えた。

"ごめんね、ダーリン" 彼女はささやいた "そう言うと思ったわ"

私は病院の個室病棟にいて、トムから受けた殴打のことを思い出す必要はなかった。ママによると、彼は逮捕されてまだ拘留中で、裁判官は私の怪我のために保釈を拒否していた。

"今日は何の日?" "ママ"と書いたら、彼女は微笑んだ。

"心配しないで、運ばれてきたときは意識がなくて、目が覚めたらすぐに手術したんだよ。あなたの顎は本当にひどい状態でしたが、必要なのは時間だけです、あなたは良くなりますよ。"

私がパッドに書き込むと、彼女は笑った。"あまり気分のいいものじゃないわね"

指の関節の皮が剥がれているのに気づき、指を差された。

"殴ったでしょ "って笑ってた。"ジョニー、あなたを誇りに思うわ" "彼はあなたを殴り倒そうとしたけど、あなたは屈しなかった"

"血まみれの頭を見て欲しい"と書くと、彼女はまた笑い、そして一瞬真剣な顔をした。

"ジョニー、昨夜君を買ったとき トムの妻がこれを持ち去った" "警察が来る前に 処分してくれと頼まれた"

彼女は、コカインかヘロインと思われる白い粉の入った袋を私に見せた。

またペンが動いた。"どうしてまだ持ってるの?ママ"

彼女は身をかがめてベッドの横からゴミ箱を取り出し、袋を破って粉をゴミ箱にポイッと入れた。

"やってるところを見せたかったんだ ジョニー、大事なことなんだ"

私が書いたものを読んで、彼女の目には涙が浮かんでいた。

"ママもよ"

一週間後に家に帰ったんですが、正直言って最悪の気分でした。顎の骨折に加え、鎖骨と肋骨を数本骨折していたんですからね。ちょっと動くだけで、肩に痛みが走るし、お腹は空くし。

人間はパンだけでは生きていけないと言った人がいましたが、信じてください。

肩と肋骨は治ったが、顎はもっと時間がかかり、正確には5週間かかった。

「そうだね、ジョニー」若くて可愛い医師はそう言いながら、私が彼女のブラウスの下を覗き込んでいるのを無視して、私に施術を施した。"口を開けて、ゆっくりやって"

"開けられないとしたら?"と言うと、3人は私が喋ったことに気づいて大笑いした。

先生が一番近くにいたのでキスをしたら、先生はにやにやしながら言った。"ジョニー、信じてくれ、私も嬉しいが、息が腐ってるぜ"

"ああ神様、忘れてました"

ママと手をつないで外に出て、タクシーで家に帰りました。

"ジョニー、私をあのベッドに寝かせた時のこと知ってる?"

"ああ、ママ、わかってるよね"

"みんなあなたの誕生日を忘れてた"

"うん......重要じゃないんだ、ママ" "他にやることがあったんだ"

薬物生活については、まだ話しにくかったのだろう、彼女はこう言うだけだった。

"ジョニーのしてくれたことに 感謝の念は尽きないが" "ちょっとしたプレゼントを買ってきたよ" "気に入るといいね"

彼女がガレージのドアを開けると、真新しいBMWがそこに立っていて、目を見張った。

"ママ、私..."

"好きだと言ってくれ ジョニーお願いダーリン"私は信じられませんでした、彼女は確信がなかったのです。

この1年ほどの間に起こったこと、パパの死、ママの瀕死の中毒、友達だと思っていた人に殴られたこと、それらすべてが涙となって溢れ出たのだろう。ママはとにかく感動したのでしょう、私と一緒に立って泣きました。涙が頬を伝い、私たちは一緒にしがみついて、二人とも何も言わず、ただ泣きました。

"まだ好きか嫌いか言ってないでしょ "と結局は言われ、よろよろと家の中に入っていくと笑い声がした。

"今気づいたんだけど、私って18歳よね?"

"確かにそうだ、なぜだ?"

"もう合法的に飲めるんだ"

"うん"

"昼飯にパブに行こう" "ビールが飲みたいんだ"

"彼らは私がそこにいるのを見たら あまり嬉しくないかもしれない、ジョニー"

"なぜダメなの?"

照れくさそうな、落ち着かない顔をしていた。

"少し前に帰れと言われたんだ ダーリン"

"ママに何?"

"ドラッグマネーのために自分を売ろうとした"

"ああ......それは昔の話だ、今のお前は違う。" "さあ、行こう"

"ジョニー 話の途中だけど 謝らなきゃいけないことがあるんだ 君に頼んだ覚えがあるんだ" "その..."

"ママは病気だったんだよ"私はそう言って、彼女の手を握った。"忘れなさい"

"ありがとう、ダーリン "と微笑んだ後、"今なら誘惑に負けるけど、ママ "と付け加えると、彼女は大笑いしていました。

"ジョニーが言ったなんて信じられない"

"ごめんねママ、困らせるつもりじゃなかったんだけど"

その時の彼女の表情は、真っ赤に染まっていた。

"ママ、ごめんね。どうしてこうなったかわからないの。"

本当に怒られるかと思ったが、彼女は私を見て微笑んだ。

"気をつけて、ジョニー "と彼女は優しく言った。"あなたの車に乗っていくわ"

すべてのカテゴリ: